LIFE

酵素を食べ物から摂るには?酵素量が多い食品をまとめました

更新日:

酵素は、生の食べ物に多く含まれています。

また、酵素を作る工程にもある「発酵」している食品にも多く含まれます。

消化や代謝、ダイエットにも深く関わりのある酵素ですが、身近な食べ物をまとめました。

 

酵素を多く含む食べ物

馴染みの深い発酵食品

日本に古くから食べられている発酵食品、

特に、味噌、納豆、漬物等に多く含まれます。

酵素は発酵する製造過程の中で、微生物の働きにより私たちに吸収されやすいかたちに変ります。

 

ただ、味噌や漬物などは塩分が多いのも特徴。食べすぎには注意しましょう。

発酵食品にはこの他に、ヨーグルトやキムチなどもあります。

 

生で食べれる食品

生で食べられる食品が、野菜や果物です。

特に、大根やトマト、リンゴ、キャベツ、パイナップルに多く含まれます。

 

特に、パイナップルの中にはお肉を柔らかくする成分「プロアテーゼ」が含まれています。

酢豚に入っているものこのためで、お肉のたんぱく質を分解することにより、柔らかくジューシーなお料理ができます。

 

すりおろしで野菜や果物酵素をたっぷり食べれる

生の野菜に多く酵素が含まれるといっても、毎日食べる量には限度があります。

ですが、生の野菜や果物をすりおろすことで酵素量が活性化した状態で食べることができます。

リンゴや大根なら、すりおろしてすぐに食べれます。

 

また、病気の時には、リンゴをすりおろしたものが良い。

など言われるように、特に胃腸が弱っているときには、食物酵素の力をかりて負担を少なくすることにも効果的です。

 

酵素の活性化が失われるNG

酵素は熱によわい!

酵素は生の鮮度がいいものに多く含まれることから、熱に特によわいです。

48度以上の調理、熱を加えると酵素の活性がどんどん減っていってしまいます。

生野菜を食べるときも、たまねぎなどすりおろしてドレッシングにするのも酵素をうまくとりいれる方法です。

 

飲酒や喫煙は酵素を大量に消費

お酒やたばこの成分を分解するのに、酵素は大量に消費されてしまいます。

健康にためにもですが、美容やダイエットのためにもタバコとアルコールは控えめがよさそうです。

 

ファーストフードの食べすぎ

ついつい買ってしまう、ファーストフードやインスタント食品。

手軽に食べて安くていいのですが、砂糖や油分・塩分が多く含まれているため、消化酵素が不足してしまう原因になっています。

また、脂分を多くとると糖化(体の酸化)がおき肌の老化や病気にも繋がってきます。

 

 

30代からは食生活でエイジングケア

基礎代謝が悪くなると、エネルギーになるカロリー化する働きも低下してしまいます。

しかも、酵素の生産量は10代後半が一番のピーク

 

30代からは、10代・20代の頃と同じ食事をしていては太ってしまって当然なんです・・・。

また、30代後半から40代になると女性ホルモンのバランスも崩れて、ダイエットに悪影響を与えてしまいます。

 

30代から基礎代謝をあげるには、食べないよりも、食べるダイエットがおすすめです。

 

酵素は、1日1回でも食生活に摂り入れながら栄養バランスを意識して食べるようにしましょう。

 

  • 主食・・・炭水化物(米・パン・麺など)
  • 主菜・・・たんぱく質が豊富な食べ物(肉・魚・豆など)
  • 副菜・・・身体の働きをサポート(野菜・海藻など)

 

食べないダイエットではなく、ストレスをためない、女性ホルモンの崩れにくいダイエット向きの体に改善していくのがポイントです。

特に、基礎代謝には筋肉も必要ですから、たんぱく質を積極的に摂りましょう。

 

≪酵素サプリなら1粒でたっぷり補える!≫

■消化酵素を増やして代謝アップをするなら生酵素サプリが手軽です。

>>生酵素サプリのおすすめはコチラ

-LIFE

Copyright© 生酵素Village|生酵素サプリおすすめランキング , 2019 All Rights Reserved.